有資格者名簿をインターネットで検索する

main-img

ある一定の業種の会社を調べたい時には、正規で取り扱いをしている名簿業者からリストを購入する事で、知りたい情報を手に入れる事が出来ます。



例えば国家試験に合格した有資格者の情報を知りたい時にも、同様の方法でその業種の名簿を手に入れる事も出来ます。



しかしながら、そのリストの入手方法ですと名簿の代価を支払わなくてはなりません。


勿論必要な名簿ならば最終的にそういう方法を選択する事にはなるのですが、購入を考える前に一度インターネットで検索をしてみるのも良いようです。

一例を挙げると建築や土木関係では、有資格者の名簿を検索出来るサイトがあります。



検索をすると会社名の他に住所も記載されています。

そういった方法で少し時間は掛かってしまうかも知れませんが、自分でそれなりのリストを作成する事も可能であるようです。
そして資格と言えば、弁護士のリストについても簡単に検索が出来ます。
日本弁護士連合会では検索フォームを用意していて、検索する条件も選択できる様になっています。
もっとも個人のリストとなるとリストを購入する事となりますが、有資格者というのは一般的にその名前を公開されるもののようです。



そういう事を念頭に検索をすると、ダイレクトメールや電話等での営業活動をする為のリストを作れるようになるでしょう。個人情報の漏洩が危惧されている現代でも、資格取得者等の名前は簡単に検索が出来る事に戸惑う人もいるかも知れませんが、こういった情報を上手く利用する事が賢い方法と言えるのでしょう。



最近子供の名前で増えているのが、本来あまり正しいとは言えない読み方などを漢字に当て、漢字の持つ意味などを英語に置き換えたり、また読みの響きなどを特に優先してつけたと考えられるいわゆるキラキラネームです。

キラキラネームの普及によって、漢字を見ただけではすぐに読みがわかるような名前が少なくなり、幼稚園等の先生方は非常に困っているという現状があります。

先日幼稚園の名簿が手に入る機会がありましたので、噂のキラキラネームはどのくらい普及しているのかと名簿を細かく見ていると、驚くほど難しい漢字の羅列や、明らかに当て字と思われる名前や、読み方を聞くとまるで外国人の名前ような読み方をする名前が名簿の中に多く見られ、キラキラネームは噂ではなく現実の話なんだと驚きました。


もちろんこのような名前が多く見られるのは保育園や幼稚園などの小さなうちだけでなく、小学校の名簿にも非常に多く見られます。



名前は親が子供に与えてあげる最初のプレゼントです。



子供が不幸になることを願う親はいません。

親は子供の幸せを考え素敵な名前を一生懸命考えます。

考え抜いた末子供に与えた名前を人にとやかく言われる筋合いがないと思う方も多いと思います。



しかしキラキラネームなどと言う呼ばれ方をしているということは、つまりそれが社会的に異質なものと考えられており、これからその子が歩んでいく人生の中で、出来る限りハンディーキャップにならないような名前をつけてあげる様に願ってやみません。


関連リンク

subpage01

有資格者名簿をインターネットで検索する

ある一定の業種の会社を調べたい時には、正規で取り扱いをしている名簿業者からリストを購入する事で、知りたい情報を手に入れる事が出来ます。例えば国家試験に合格した有資格者の情報を知りたい時にも、同様の方法でその業種の名簿を手に入れる事も出来ます。...

more
subpage02

来客者の名簿を大切にしましょう

最近ではインターネットを利用して、流行っているお店を検索してから行く人が増えています。直接、自分が行って確かめるよりも早く、自宅に居ながらお店の特徴を調べることが可能なので非常に便利です。...

more