• 火葬式というスタイルで執り行われる葬儀

    • 近頃の少子化や、人口が都市圏に集中していることの影響によって、お葬式にお招きする弔問客が非常に少ないこともあって、遺族だけでお葬式を執り行えれば充分であるという気持ちを持っている人が増えてきています。

      葬儀の特徴を紹介するサイトです。

      葬儀社も火葬式が一般化してきている時代の流れから、オリジナルのプランを考案して、お手頃の価格の火葬式が行えるようになってきています。

      朝日新聞デジタルの情報を見つけよう。

      火葬式とは、直葬とも呼ばれていて、お通夜や、告別式などといった儀式を執り行わず、かなり限定された近親者だけで、火葬だけを執り行う1番簡素な形式のこととなります。
      火葬だけに絞り込んではいますが、 遺体を安置している場所にお坊さんを招いて、お経をあげてもらったり、炉前法要を火葬炉の手前で執り行うこともできます。火葬式は、葬儀にかかる費用をなるべく安くしたい場合や、高齢で亡くなったため身内以外にお招きする方がいない場合、生前に同居していた家族だけで故人を送りたい場合、年末年始をまたぐような時期で一般的な方法では慌しく迷惑がかかる場合、故人の交際範囲が狭い場合、日を改めて故郷で葬儀を執り行う予定がある場合、日を改めて社葬などを執り行う予定がある場合、故人が生前に火葬式で執り行って欲しいという意思を示した場合に選ばれています。
      火葬式の作法として、一般人の参列は基本的に差し控えたほうが望ましいとされているため、訃報を耳にしたからといって遺族の承諾なく押しかけるのは良いことではありません。



  • 葬儀をもっと知る

    • 福祉葬という形式の葬儀

      近頃の日本では、核家族化や、少子高齢化などの影響によって、地域のコミュニティーとの関係性が薄れていて、孤独死なども少しずつ多くなってきています。亡くなったときに、身内の人たちがいれば、葬儀をあげることができるのですが、身内の人が誰もいなくて葬儀を行うことができないことがあります。...

  • 対策方法

    • 葬祭扶助を使って執り行われる葬儀

      葬祭扶助という制度は、生活保護法で決められている扶助の1つとなっていて、経済的に生活が苦しくて、お葬式を執り行うことができないときや、故人を扶養する義務がある人がいないときに支給されます。葬祭扶助を利用して執り行うのが福祉葬ですが、福祉葬でサポートされるのは、亡くなったことを検案するのに必要となる費用、搬送や、火葬、納骨に必要となる費用になります。...

  • おすすめ情報・意外な真実

    • 現代の葬儀の傾向について

      葬式は人として生まれた以上、考えないわけにはいけません。それはどんな人であっても平等に死を迎える時がくるからです。...

    • 関東と関西の葬儀事情の違い

      近年では、葬儀は会館で営まれる事が増え、それに伴って地方の独特な風習が薄れて来ました。しかし、現在もその名残は少し残されていますし、また現代ならではのその地方の特色も新たに生まれています。...