名簿を作成するときは名前を五十音順にすると良い

main-img

手書きの名簿を作るときには、名前を五十音順にして並べて作成するのが良いでしょう。五十音順に名前が並ばれた名簿なら、目的の項目を探すときにすぐに見つけることができるからです。

名簿の名前が五十音順に並べれていないと、最初のページから最後のページまですべて調べなければいけなくなり、ページ数が少なければそれほど苦労しませんが、ページ数が膨大だと、見落としてしまう可能性が高くなり作業の手間が増えてしまいます。
五十音順に並べられていない場合は、住所や年齢、生年月日などで並べられていると思います。
パソコンなどの表計算ソフトで作成された名簿なら、名前が五十音順ではなく住所や年齢などで並べられていたとしても、自動で並べ替えられるソートの機能を使うことですぐに五十音順に並べることができます。

しかし、ソートする項目がすべてひらがなやカタカナでない場合は、五十音順に並べられません。


漢字が含まれているからです。
漢字を五十音順に並べ変えたいのなら、フリガナの項目を作ると解決することができます。
ソートするときにフリガナの項目でソートをすれば、名簿の名前が五十音順に並べ替えることができて、目的の項目を探しやすくなります。
パソコンで作成するときは、ソートを使えば簡単に探し出すことができますから五十音順こだわる必要はありませんが、手書きの場合は自動で並び替えることができません。ですから、五十音順で作成した方が探しやすくなるから良いのです。

誰しもが経験した事がある、迷惑電話。その大概の理由が、卒業名簿などに書かれてしまう、個人情報が原因と言う経験が多いかと思います。しかも、情報が横流しされることによって、迷惑電話は次から次へとくると言う経験も多いです。
しかし、いつまでも対策を怠る訳にもいきません。


近年、卒業アルバムなどの名簿には、個人情報を載せると言うことは、絶対に有り得なくなりました。

また、携帯電話やインターネットなどで簡単に情報が手に入れることが出来るようになり、迷惑メールの増加傾向にあります。


なので、ネット上に名簿が出ていたとしても、注意書きや簡単に閲覧や情報を開示すると言う事が難しいと言えます。
ただ、注意が必要なのは、小学生に必要な連絡網の存在です。
子供同士の情報の開示や交換は、時代が過ぎても、安易に行われている恐れは十分に高いです。


なので、連絡網を利用した迷惑電話は、十分に注意が必要です。


最近では、巧妙な手口で、情報を得ようとする場合もあります。

その大半が、募金を募っての金銭の要求です。また、通販サイトの似た商品の案内や、モニタリングを募っての商品購入の勧誘だったり、インターネットの勧誘だったりと様々な内容での電話が増えてきています。


先ずは、相手に情報を与えないこと、そして、迷惑電話と感じた時に、ノーと言える心構えが大切になります。

何かを得る時は、自分の目と耳とで確認することが、安全への近道を手に入れることが出来るかと思います。

















関連リンク

subpage01

有資格者名簿をインターネットで検索する

ある一定の業種の会社を調べたい時には、正規で取り扱いをしている名簿業者からリストを購入する事で、知りたい情報を手に入れる事が出来ます。例えば国家試験に合格した有資格者の情報を知りたい時にも、同様の方法でその業種の名簿を手に入れる事も出来ます。...

more
subpage02

来客者の名簿を大切にしましょう

最近ではインターネットを利用して、流行っているお店を検索してから行く人が増えています。直接、自分が行って確かめるよりも早く、自宅に居ながらお店の特徴を調べることが可能なので非常に便利です。...

more