• 関東と関西の葬儀事情の違い

    近年では、葬儀は会館で営まれる事が増え、それに伴って地方の独特な風習が薄れて来ました。

    しかし、現在もその名残は少し残されていますし、また現代ならではのその地方の特色も新たに生まれています。こうした視点で、関西と関東の葬儀の違いを考えてみます。
    葬儀が自宅で営まれた時代には、自宅の入り口の両側に関東では造花の花輪が並べられ、関西では樒と言う植物の葉の供え物が飾られていました。昔はこうした一目で違いが分かる風景がありましたが、最近では会館で営まれるため、こうした光景自身が減少しています。



    ただ、式場の入り口に1対飾られている事があり、その名残を今も残しています。
    また通夜が営まれる場合、関東では参列してくれた方すべてに、通夜振舞いとして食事を提供する習慣がありますが、関西では一般の参列者には食事提供はなく、親族等のみでの会食が行われるだけです。

    こうした昔からの習慣とは別に、近年では関東では斎場不足の為、亡くなっても斎場の空き待ちで、通夜や葬儀がすぐに行えず、会館にご遺体を安置した状態で何日も待つと言う状況が一般的となっていますが、関西ではまだそこまでの状況にはなっていません。
    また最近、関西では香典を受け取らないケースが増えていますが、関東ではそうした傾向はまだ顕著ではありません。
    この傾向は、関西人の合理性から来ている様です。


    以上の様に、東京を中心とする関東と、大阪を中心とする関西で違いがあり、その他の地方でも独特の習慣が残っている事もあります。

    T-SITEに有効なサイトです。

    遠方の地方の葬儀に参列する際に、こうした違いに驚かされる事があるかも知れません。