• 現代の葬儀の傾向について

    葬式は人として生まれた以上、考えないわけにはいけません。

    それはどんな人であっても平等に死を迎える時がくるからです。

    そのため家族や遺族の為にも自分の葬儀の事を考えて計画しておくことは非常に大事であると言えるでしょう。

    かつての日本では冠婚葬祭を非常に重要視する文化がありました。



    結婚式、葬儀には特にお金をかけて執り行う傾向がありました。

    こうした冠婚葬祭でしか親族や友人、知人が沢山集まらず、こうした冠婚葬祭は社交の場であり楽しみでもあったのです。

    ロケットニュース24について興味がある方にオススメのサイトです。

    そのため一般葬などでも多くの人々に訃報を伝え、葬儀に参列してもらうのが一般的でした。そのため非常は300万円程度かかるのも珍しい事ではありませんでした。しかし現代はデフレ経済から脱却できず、サラリーマンの給料が伸び悩んでいます。



    そのため冠婚葬祭に多くの費用をかけられる人が少なくなってしまいました。


    こうした経済状況も追い風になり、葬儀に多くのお金を費やさない傾向が多くなってきました。

    最近特に人気のある葬儀は、親族だけで執り行う家族像と言う葬式です。親族だけで行うのでその葬式の費用も一般葬の半分以下であり、相場は30万円程度になっています。

    またさらに葬式を簡略化した直葬と言う葬式も人気になりつつあります。


    直葬は、棺を直接火葬場に運び、火葬直前に読経しお別れをする、いたってシンプルな葬式なのです。

    不景気でありこうした葬式も人気になっており、今後ますますニーズが高まることが予測できます。