病院の面会名簿に関する知識

main-img

病院の医事課や総合受付カウンターには、入院患者の名簿というものがあります。

コウモリの駆除に関しての関心度が高まっています。

これは入院中の患者がどの病棟の何号室に入院しているかを網羅したもので、患者に面会に来た家族などを病室に案内する際に使用されます。

しかし近年では個人情報守秘の観点から、受付にこの名簿は用意していても、見舞い客の尋ね方によっては病室照会を拒否されることがあります。

浦和の美容室の関連情報がご覧になれます。

例えば「〇〇さんという方はこちらに入院されていますか?」と尋ねた場合、病院側としては回答すればはその人物が入院しているか否かの情報を開示するということなり、これは情報守秘の原則上問題になります。

そのため受付でこのような質問の仕方をした場合、病院側としては回答できなくなってしまうのです。

大阪のレンタルのカメラを求める人にお勧めしたいサイトです。

見舞いに行く際、最もよいのは患者本人に院名と病棟、病室すべてをあらかじめ直接尋ねておくことです。
しかし相手との関係上そこまで尋ねるのは気が引ける、という場合であっても、少なくとも院名と場所のみははっきり知っておかないと、いざ見舞いに行っても本人と会うことができなくなります。
その病院に入院しているということが明らかであれば、「〇〇さんの病室はどこですか?」という尋ね方をすれば、問題なく病室を教えてもらえます。

鳩の駆除方法のお得情報を公開します。

ただし、患者本人が見舞い客を望まない場合は、名簿上にも面会拒否との注意書きがされており、その旨を説明された上で病室開示を拒否されます。
このように病院の秘密守秘の概念は非常に強いものであり、たかが名前と病室しか書かれていない名簿であっても、その内容は厳重なものとして取り扱われるのです。

自動車のリースに対して関心度が高まっています。

個人情報保護法などによって、個人名の記された名簿などを得ることは難しくなっています。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2454372.html

これには名前だけではなく、住所や電話番号も該当するものと思われます。


携帯電話の普及により、名簿を使った犯罪行為が増えてきたので、防止する必要が出てきたのがその理由です。
昔は近所の人の名前も顔も知っているのが当たり前で、道で人に会ったときには必ず挨拶をするようにと教わったものですが、現在ではそれすらも禁止されるような始末です。今でも訪問販売業者が、個人宅に電話をしてアポイントを取ることがありますが、これにもターゲットを絞った名簿があります。

以前は、訪問販売員が直にお宅へ飛び込みで訪問するのが普通でしたし、何度も訪問して信用を得て電話番号を教えてもらうというのが主流でした。

http://www.kyodonews.jp/committee/conference/2008/33.php

しかし、現在はそんな時間の余裕もなくなり、いきなりの飛び込み訪問では中々成果が挙がらないということが増えてきたため、電話でのアポイントになっていったと思われます。
今まで長い時間をかけて集めてきた名簿を元にしていたり、全てのお宅に電話して独自に作っている名簿であれば良いのですが、訪問販売が理由であればあまり良い返答をいただけないのが普通です。

https://news.nifty.com/article/magazine/spa-20160615-1134193/2

訪問販売という仕事は昔から続く立派な仕事ですので、それ自体の否定はないと思いますが、個人情報の扱いに関してだけは注意をしていただきたいこととなります。
インターネットなどでの犯罪も多くなってきている昨今、国に任せるだけではなく一人一人が気を付けていくことでもあるかもしれません。

関連リンク

subpage01

名簿が暴力団や犯罪組織に入手された場合の脅威

近年、名簿の不正入手や悪用による犯罪や押し売りが問題となっています。息子を装って電話をかけてお金をだまし取る「オレオレ詐欺」や、一度通販で買い物をしたら次から次へと高額な商品を売りつけようとする電話がかかってきたり、という凶悪な手口が年々増加しており、その被害者の大半が「人を純粋に信頼する高齢者」であることも腹立たしいやり口です。...

more
subpage02

名簿を作成するときは名前を五十音順にすると良い

手書きの名簿を作るときには、名前を五十音順にして並べて作成するのが良いでしょう。五十音順に名前が並ばれた名簿なら、目的の項目を探すときにすぐに見つけることができるからです。...

more